竃x口組、堀建巧業鰍フ平成27年度除雪作業安全大会が、28日午後2時から本社会議室で行われ、2社の役職員や作業員をはじめ協力会社あわせて約60人が参加しました。大会冒頭、堀口社長は「市民の安全安心な生活を守る責任ある業務という自負を持ってほしい。また、交通安全、特に飲酒運転は絶対ないよう十分注意してほしい。」と呼びかけました。また、佐藤堀建社長は「留萌市民の生活を守っているという誇りをもって作業にあたってほしい」と要請しました。続いて各現場の責任者が今シーズンの除雪業務の内容や作業箇所別の危険個所等の注意事項を説明。日立建機日本竃k海道支社の竹内宣行氏が「除雪作業の安全対策と日常点検」と題して講話していただきました。最後に堀口組重機オペレーターの上原正行さんが安全宣言を行い、参加者は、今冬の無事故・無災害に向け心を新たにしました。