旧留萌高校で草刈りを行いました。


 株式会社堀口組が8月30日、地域貢献活動として、市内東雲町の旧留萌高校敷地内で草刈り作業を行った。
 留萌高校は、部活の練習場所を増やすため、平成30年4月の留萌千望高校との再編統合を機に約3年半使用されていなかった旧校舎の体育館の活用を検討。5月下旬から8月下旬まで北海道教育委員会、市と協議を重ね、9月から各部で使うことになった。
 部活動で旧校舎を利用することを知った同社が、同校に申し出て草刈り作業を行うことになった。
 同社の従業員二人が参加し、午前7時半から作業を開始。エンジン式刈払機2台を使い、校舎前の駐車場の歩道で20センチ~2メートルほどに伸びた雑草を手際よく刈り取っていた。除草活動は休憩を挟みながら午後4時ごろに終了した。
 同社の除草活動について阿部校長は「環境を整えていただき大変ありがたい。ここまで多くの方にご協力をいただき、旧校舎を練習場所として使用できるようになった。各部で練習を頑張ってほしい」と話していた。

2021年08月30日