安全祈願祭を執り行いました。

 株式会社堀口組を含む堀口グループ4社は2日新年度にあたり本社会議室において安全祈願祭を執り行いました。180名の社員が出席し社業の発展と無事故無災害を祈念しました。堀口組・堀口運輸・堀建巧業・和秀が合同で実施し祝詞奏上など神事の後、堀口亘会長は「新年度は社長を中心に新しい形で向かっていってほしい。ただ何といっても労災事故だけは起こしてはならない。何としても事故を起こさない体制を築き、仲良く団結力を持って当たってほしい」と要請した。
 堀口哲志社長は「一人一人のレベルは非常に高いと思うが、部門間のコミュニケーションがおろそかになってきている。順次直していけば2売、3倍の力を発揮できると思うので改善に努めていこう」と呼びかけた。

2018年04月02日