なでしこ応援企業表彰を頂きました。

 道の平成30年度北海道なでしこ応援企業表彰の授賞式が22日、札幌市の札幌エルプラザで開かれ、留萌管内から初の受賞となる株式会社堀口組に賞状と記念の盾が贈られた。堀口社長は「職員の働きやすさを追求した成果であり、特別なことをしたという考えはない。受賞を機に、さらに職員の利便性を高める取組を進めたい」と話している。
 道では、28年度から女性の積極的な採用や管理職種への提供、育児休業・介護休業など育児または家庭介護を行う女性職員の支援、在宅や短時間勤務、長時間労働の抑制など多様な働き方、職場復帰制度の推進といった取組をを実践している企業を「北海道なでしこ応援企業」として表彰している。堀口組は、現場事務所に女性専用トイレや休憩所を整備するとともに、地元の女子高校生などを積極的に受け入れるインターンシップを実施、既婚従業員への安価な社宅の提供や育児・介護休業法に準拠した規定の整備、育児のための時差出勤制度、子の行事参加のための休暇などの有給休暇の制度化などを設け、技術職の女性確保や女性の要望に沿った作業所の環境づくりを目指すことなどを明記した行動計画を策定していることが高く評価された。授賞式では、今年度の受賞企業3社の代表とともに堀口社長が登壇し、道の阿部啓二副知事から表彰状とガラス製の盾が手渡された。式典後は、クロストークと銘打った分科会が行われ受賞企業の代表らが加わり「キャリア継続」や「女性活躍と働き方改革」など4点をテーマに取組発表や意見交換会が行われた。
 堀口社長は「将来の人手不足緩和に向け、男女を区別して働き方改革を進めたわけではなく、職員が働きやすい環境づくりのための柔軟なシステムの構築を目指した。ICT(情報通信技術)の積極的活用などを通して、女性技術者を中心にさまざまな働きやすさを追求できる形を作り上げていきたい」と意気込んでいる。

2018年11月22日