遊具塗装奉仕

 堀口組は9日から地域貢献活動の一環として苫前町の古丹別保育所で園庭遊具の塗装ボランティアに取り組んでいる。同社は、町内で留萌開建発注の一般国道239号苫前町霧立峠改良外一連工事を施工している縁から、さびの目立つ遊具8基の塗り替えに協力する。5日間ほどで完了を見込んでいる。
 9日は、鈴木勝実監理技術者ら3人が参加し、午前8時から活動を開始。ジャングルジムや滑り台のさびを落とし、さび止めを塗った後、丁寧に塗装し、木製部分は防腐処理を施すなど午後4時ごろまで作業に没頭した。
 同保育所の川森のり子所長は「来年の保育所移転を前に遊具をきれいにしておこうと考えていたので大変助かります」と感謝していた。

2018年07月09日