昭和公園で草刈りを行いました。

 株式会社堀口組が23日地域貢献活動として留萌市東雲町の昭和公園で草刈り作業を行った。留萌開発建設部発注の「深川留萌自動車道留萌市留萌改良工事」を受注する同社が、工事現場に近い東雲ランド親交会(上杉和夫会長)に、同公園での草刈り作業を申し出た。今年で2回目。
 同公園の草刈り作業は、同新交会が担当し、作業を買って出た堀口組は5,7,10月の計3回実施。今年も今回を含めて計3回の草刈りを予定している。
 この日は、同社からベトナム人研修生2人を含む従業員6人が午前8時半から作業を開始。同9時には同新交会から会員22人が参加した。従業員と会員が協力して30センチ~1メートルに伸びた雑草をエンジン式刈り払い機を使って除去、レーキなどで回収して同公園内に積み上げた。
 昭和公園は、滑り台やブランコなどの遊具、芝生、ゲートボール場など子供から高齢者まで地域住民の憩いの場。上杉会長は「堀口組には昨年から手伝ってもらい助かっています。会員は過去最高の参加者で作業がはかどりました」と感謝している。

2018年06月23日