映像提供の協定を締結いたしました。

 留萌市内の建設会社4社で構成する堀口グループと留萌警察署の「ドライブレコーダーの記録映像提供に関する協定」の締結式が、15日午前9時半から同署2階会議室で行われた。防犯などを目的に同グループが所有する車両のドライブレコーダーに記録された映像を同署に提供する。
 同協定は、犯罪や交通事故の防止に向け、同グループの株式会社堀口組、堀口運輸株式会社、株式会社和秀、堀建巧業株式会社が所有しているトラックや普通車などの車両計142台に装着されているドライブレコーダーの記録映像を同署に提供するもの。また、同グループの各社職員が通常業務において地域の安全を見守り、犯罪の発注や前兆に関する情報などを知り得た場合は同署に通報する。
 締結式には、各社の社長らをはじめ堀口グループから5人、留萌署から菊地裕治署長をはじめ7人が出席。同グループを代表して堀口組の堀口社長、同署の菊地署長がそれぞれ協定書に署名、押印し、固い握手を交わした。
 堀口社長は「被害の未然防止に向けて警察への積極的な情報発信に取り組んでいきたい」、菊地署長は「今回を契機に、ドライブレコーダーの普及が進むこと、さらには地域の安全、安心のため、街頭防犯カメラの設置についての議論の促進、設置に繋がってほしい」とそれぞれ話している。

2018年06月15日