先輩社員の声

・№2 2016年入社  土木部    白石 蓮


・入社したきっかけや仕事のやりがいを感じたことは?

 学生の時に重機関係の仕事に付きたくて悩んでいたころ堀口組で働いている先輩から誘われ面接を受けることになり当初は重機部希望を考えていましたが最終的には土木部に入ろうと決意しました。仕事上でのやりがいはやはり元々何もなかった場所に自分が測量し人や機械が動き現場施工中は確かに色々な問題や課題が出てきますが様々なアイデアや工夫をして最終的にきちんとした物が出来上がった時が一番やりがいを感じます。

・会社の雰囲気はどうですか?

 会社の雰囲気は先輩たちが仕事一つ一つに対して非常に真剣に取り組んでいるなという空気がありますし土木の会社としてのイメージが大雑把なイメージがあったのですが実際はとても繊細な部分が多い仕事だなと感じました。また現場事務所では年齢の近い先輩達も沢山いるのでコミュニケーションは取りやすいし非常に和気あいあいな雰囲気で誰にでも相談がしやすい職場だと思います。

・仕事のここが好きというところはありますか?

 やりがいの部分でも話しましたがやはり何もない場所が数か月後には道路や構造物に変わっていくことに心の底から「すごい」職業だと感じます。先輩や作業員の方々や重機オペレーター(運転手)の日々のやりとりや日常会話も非常に楽しいですし元々重機部が希望していたこともあって目の前で大型重機械が動いているのを見ているのも楽しいです。




・№1 2014年入社  土木部    南波 秀弥


・入社したきっかけや仕事のやりがいを感じたことは?

 入社のきっかけは、父親が留萌で土木の仕事をしているのを小さいころから見ていてかっこいいなと思い憧れを抱いたのがきっかけです。そして高校を進学する頃には僕も土木の世界で仕事がしたいと思うようになり千望高校の電気・建築科に進学し専門分野を学ぶことでより一層思いが強くなりお世話になった地元に残り堀口組に入社することを決めました。
 仕事のやりがいを感じたことは現場の規模が大きいことが、この仕事の一番の醍醐味だと思います。またそういった現場の段取りを一つづつ組み立てて最適なものを選択し繰り返すうちに一つの現場が完成していく普通の仕事では味わえない達成感があります。

・会社の雰囲気はどうですか?

 会社の雰囲気は一言で言って明るいです。最初は建設業のイメージから怖い人が多いのかと思いましたが全然そんなことはなく皆さんすごくフレンドリーに話しかけてくれます。入社してすぐに僕は天塩の現場に行きましたが、まだ右も左もわからない僕を先輩がいつも気にかけてくれ仕事のこともプライベートなことも相談にのってくれ天塩に出張してきていることも苦ではありませんでした。

・仕事のここが好きというところはありますか?

 仕事のここが好きってところは、人とコミュニケーションをとることです。この仕事は決して一人でできる仕事ではありません。だからこそ常に他の人とコミュニケーションをとり、よりよい方法で現場を進め最後に地図に載るような大規模なものを作れるのであれば最高ですね。